この物語もこれでおしまい

おはようございます!珍しく早い時間の更新となります。
卒業公演で脚本演出を務めました、柴山です。
先日は我々27生の卒業公演「さよなら君と、今日の僕」にご来場いただき誠にありがとうございました。
実に多くのお客様に足を運んでいただき、総動員数はなんと123名!この4年間で最多記録を更新しました。
特に千秋楽は最大50人キャパの客席が全部埋まり、席を増設してもなお足りず、立ち見していただくお客様もいたほど。
アンケートでも大好評をいいただきました。自分たちの努力というか、熱が伝わったのかなと嬉しく思います。

今回の作品、いかがでしたか?

舞台の上で展開される様々な「別れ」のドラマ。その多くは死別であったりと悲しいものでした。でも、悲しい別れを迎えても、それでも前に進んでいこう、というようなメッセージが伝わったのなら幸いです。
これは僕がお客様だけでなく、これまでたくさんの芝居を共に創ってきた仲間たちに向けたメッセージでもあります。
27生は春から全員社会人です。もう今のように一緒にいるのが当たり前、いつでも食事や遊びにいけるということもなくなります。もちろん芝居をすることも。後輩たちとも然りです。
大好きな仲間と離れ離れになってしまうのが本当に悲しくて寂しくてたまりません。
でも、前に進まなくてはなりません。それぞれの道で、必死に生きていかなくてはなりません。
「あいつも今遠いところで必死に頑張ってる。俺も大地に根を張って、力強く生きていこう」
そんなことを想起させる別れに、今回の卒公がなればいいなという思いです。
僕は4月から群馬県の高崎というところで高校教師になります。行ったこともない知り合いも誰も居ない場所。
不安はありますが、でもどこかワクワクしている自分も居ます。
自分は独りじゃないってわかったから。辛い時、支えてくれる仲間に出会えたから。
そして仲間たちとまた再会できると信じてるから。


「さよなら君と、今日の僕」は色んな人の支えによってつくられた芝居です。僕一人では作れません。
仲間たちと協力し合って、時には部外の方の協力も仰いでここまでこれました。
簡単ではありますが、部員へのメッセージと感謝を各学年ごとに綴りたいと思います。

1年生
短い間やったけど本当にありがとう。人数は少ないけど、その分能力の高い2人。今度は君らが幹部学年になる番だ。不安もたくさんあるやろうけど、周りを頼って、人に相談することを忘れずに。頼れる先輩たちが沢山いる。俺に連絡くれてもいい。これから入ってくるであろう新1年生たちと面白い芝居を創り続けてくれ。君らならできる。それだけのポテンシャルがあると思ってる。それを引き出すためにももっともっと芝居のことを勉強して、考えることをやめずに進んでいってほしい。

2年生
2年間本当にありがとう。全員大学から始めたメンバーで、この一年は不安を抱えながらの部活運営だったと思う。自信を持てないときもあったかもしれない。でも必死に頑張ってくれてたことを俺も他の27生も知ってます。君らのお陰で今年も楽しく芝居ができたし、この卒公も成功させられた。そして成長した。芝居も運営面でも。俺の演出をいつも誰よりも素直に受け止めて、必死に食らいついてくれた。その成果は確実に出てるよ。本番すごくよかった。今ままで見たことのない熱量と気迫だった。


3年生
3年間本当にありがとう。一番密に関わりがあって、酸いも甘いも共に経験してきた学年。正直もうみんな俺より演技上手いし、教えられることはもうない。君らは後輩というより俺の中ではライバルって言った方がしっくりくるかもしれない。3年生に追い抜かれないように、常に俺は磨き続けてきた。今度はお前らの番や。俺ら27の卒公を超えろ。いい芝居を創るためにまとまるんや。腹を括る時はもう目の前まで来てる。お前らなら絶対できるから。俺らを超えていけ。期待してる。

4年生
4年間本当にありがとう。個性の殴り合いみたいな学年で、考え方もバラバラで、喧嘩が絶えない俺ら。でもみんな芝居が大好きで、皆で芝居をすることが大好きで、まとまりがないのにどの学年よりも一番まとまってたなって自信がある。みんなこの4年間どうやった?俺は最高に楽しかった。同期はお前らじゃなきゃダメやった。お前らやったから楽しかった。これから歩んでいく道はバラバラやけど、どうか芝居が好きって気持ちだけは捨てないでほしい。舞台に立つことはなくても観に行くだけとか、学級劇の指導をするとか、授業で演劇を取り入れてみるとか、関わり方はたくさんある。是非何らかの形で演劇に触れてほしい。そしてそこで感じたこととかエピソードとか、聞かせてほしい。直接会ってね。また会えるって信じてる。それまで暫しのさよならだ。これまでありがとう。


長くなりましたが、皆と演劇ができて良かった。本当にありがとう。
皆のお陰で僕は大切な居場所ができました。
俺も頑張って生きていくから、皆もどうか生きてくれ。
生きていればまたいつか絶対に会える。その日を楽しみに今日からまた一歩一歩進んできます。

最後に、今回の劇の一番最後のセリフを綴って終わりにします。

会うは別れの始まり。
別れは会うのおしまい。
この物語も、これでおしまい。
スポンサーサイト



プロフィール

福岡教育大学演劇部

Author:福岡教育大学演劇部
福岡教育大学演劇部のブログです。
日頃の活動の様子などを載せています。
コメントなどお気軽にどうぞ!!

連絡先:
fue_engeki@yahoo.co.jp

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR