卒業公演を終えて

どうもみなさんおはこんばんにちは、星者です!
…と某ゲーム実況者風に挨拶してみました。
今回の卒業公演で演出を務めました4年の星原です。
昨日・今日と2日間に渡って、卒業公演本番を無事終えることができました。
本番を迎えるまでの約2ヶ月を振り返ってみると、長かったような短かったような気がします。
何せ本格的に演出をするのが今回が初めて。我ながらよく演出をやろうと思ったなあとツッコミたくなりますが、いろいろな人の下で演出を受けるうちに、自分も演出をやってみたいなという気持ちがあったのも事実でした。
いざ練習が始まってからは、毎日手探りをしているような感じでした。
オーディションでの配役決定や毎日の練習計画の作成、キャストさんからの意見を吟味しながらの演技指導、練習スケジュールの管理など、やってみると演出の仕事ってめちゃくちゃ大変だし、責任感も重いものだと改めて思いました。
演出とは、舞台のあれこれを決める権限を持つとともに、舞台の責任を一身に背負うシビアな仕事だということを身をもって知りました。
一方で、練習を重ね舞台が形になっていく様を見る楽しみだったり、仕事柄キャストさんや役職さんとの交流を持つ機会の多さだったりと、演出ならではの楽しみというのもありました。
初演出で約90分のお芝居をつくった今回の公演ですが、当然失敗もたくさんしました。お芝居として不完全な部分もあったと思いますし、キャストさんや役職さんにも迷惑をたくさんかけました。
でも演出に挑戦してみて学んだことも多かったのも確かなので、演出を引き受けたことに後悔はありません。
今回の卒業公演は、自分にとって、成長という意味でとても有意義なものになったと思います。
そして今回の卒業公演は、同期の4年生はもちろんのこと、たくさんの後輩たち、そしてお芝居を観に来てくださったたくさんの方々に支えられて、無事終えることができました。
自分一人だけでは決してお芝居をつくることはできませんでした。ここで改めて感謝の意を示そうと思います。本当に本当にありがとうございました!
さて、今回の卒業公演をもって4年生は引退し、次の公演からは後輩たちによって演劇部は活動していくことになります。
1年間の経験を得てひと回り成長した1年生。部の役職を経験し中堅的な存在になった2年生。貫禄さえ感じさせ始めた3年生。
入部したての頃はあんなに初々しかった後輩たちも、様々な経験を経て頼もしい存在に成長してきています。孫の成長を見守るおじいちゃんの気持ちってこんな感じなんだなと思います。
あとは任せたぞ、後輩たち!
卒業公演は終わりましたが、これからも福岡教育大学演劇部の活動は続いていきます。良くも悪くも個性的な自慢の後輩たちによる演劇部の舞台に、これからもご期待ください!
自分にとって最後のブログ更新ということで、いつもより長々書いてしまいました。
声がデカすぎる、無茶振りがひどい、ボケが雑、ジジイ役のプロ…などなど散々な言われようでしたが、この4年間でいろんな先輩や後輩に巡り合い、ともに舞台をつくることができて、とても楽しかったです。生まれ変わっても、大学入ったら演劇部入りたいぐらいです。
福岡教育大学演劇部に入って本当に良かったと心の底から思います。いろいろお世話になりました。本当に本当にありがとうございました!
※次回からは後輩たちのブログにご期待ください!
スポンサーサイト



本番前日…!

お久しぶりです。遂に最後のブログ担当となってしまいました4年生の今林崚磨です( ・∇・)
「最後だから面白い文章を」と部員に圧力をかけられましたので、今日は少し頑張って描きたいと思います(なお思うだけ)

本日の稽古内容を報告したいと思います。
明日を本番に控える我々は、今日はゲネ×2を行いました。
本番を想定したゲネプロは一回でも大変なのですが、今回はダブルキャストの公演ということもあり二回o(`ω´ )o
私含むシングルキャストは大変疲れる思いをしたことでしょう(°▽°)

卒業公演は人数も多く、また稽古時間が限られているためみんな必死です。
そんな限られた時間の中、真摯に劇作に取り組もうとするダブルキャストの存在は福岡教育大学演劇部の見どころの一つだと思います。
頭を抱え、知恵を絞り、なんとか舞台を面白くしようと藻搔いている後輩たちの姿ほど心強いものはありません。
今回の舞台が面白いと感じるかどうかはお客様の判断に委ねるしかありません。
しかし福岡教育大学演劇部部員一同、全力を尽くし明日明後日の舞台に臨みます。どうか我々の「今」を劇場にて感じてください。

筆を置くともうこのブログに私が現れることもないのですね。
…最後なので少し自分の話をさせてください。

ただのサッカー小僧だった私が演劇部という未知の世界に迷い込んだのは今から3年前。
「演劇部に入らなければ」と何度も考えました。もっと別の可能性があったのではないか、サッカーを続けた方が幸せだったのではないかと何度も考えました。
でも続けちゃったんだよなー演劇。
辞める選択肢も確かにあったし、辞めた方が幸せだったかもしれないけど結局続けちゃったんだよなー。

まーでも。
過去公演で私が演じた役が言っていました「後悔してないや自分の人生に」と。
私もそうかもしれません。うだうだ考えることはありましたが、演劇部に入って4年間頑張った自分に後悔はありません。素晴らしい選択だったよ1年生の時の自分。

ユニットや自主公演を含むと教育大の舞台には18回立ったことになります。そのどれもが私にとってキラキラしたものであり、かけがえのないものであります。それも全て、演劇のいろはを教えてくださった先輩方、最後までついて来てくれた後輩たち、僕の幼稚さに何度も迷惑をかけてしまった同輩(本当ごめんよ)、そして来場してくださった皆様のおかげです。心よりありがとうございました。

長く書きすぎたので。筆を置きますね。
ありがとう福岡教育大学演劇部。さよならだ。

2/28日の活動報告

こんばんは、誰かにとってはおはようさん。
どうも、1年のたかりゅーです。

早いことにもう2月も終わってしまい、3月に入りましたね。(日を跨いでしまい申し訳ないです。)
入部してから、主人公だったり演出だったり音響だったりと駆け足で色んなことをやってきましたが、私の演劇部人生の集大成として悔いが残らないような公演にしたいです。

さて、28日の活動についてお話しします。
本日は大集会室への大道具等の運搬、仮設営、目張りをメインで行った後、残りの時間でシーン練を行いました。
2年の先輩方が全員来られないため、大変なところもありましたが、流石は演劇部。頭を使い、体を使い、力合わせて仕事したおかげで予想よりはるかに短時間で作業を終えることができました。
特に目張りは大変だったと思います。普段の第4集会室と違うところはなんと言っても、高さ!幅!奥行き!マンションの2階くらいの高さのばかでかい脚立の上での作業は、見ているこちらも肝がひゃーでした。
2年の先輩方が来られてからは短い間ですが、シーン練を行いました。
初の大集会室での演技ということでしたが、どのような困難があったかは想像に難くないと思われるので省略します。

眠いです。
もう寝たいと思います。
今までありがとうございました<(_ _*)>
それではおやすみなさい。
プロフィール

福岡教育大学演劇部

Author:福岡教育大学演劇部
福岡教育大学演劇部のブログです。
日頃の活動の様子などを載せています。
コメントなどお気軽にどうぞ!!

連絡先:
fue_engeki@yahoo.co.jp

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR